福岡マラソン2014 完走記

福岡マラソン2014 完走記


糸島市南風台 岸田裕介


 私は、前原生まれの志摩育ち、生粋の糸島人42歳です。

 ランニング歴は11年、学生のころはバスケットボール、登山などをやっており、ランニングを始めたのは社会人になってからです。

 ここ7年間は、フルマラソンからは遠ざかっていて、大会に出てもハーフマラソンまで。最近は「糸島110キロウォーク」に出場し、毎年上位を目指しています。

 そんな私が、たまたま福岡マラソンに当選したのをきっかけに、久しぶりにマラソンに向けて本格的に練習することになりました。
 これまで5回フルマラソンを走った中での自己最高記録は、8年前につくばマラソンで出した3時間3分55秒です。幸い、ISCの吉田さんに誘われて今年初めから始まった「福岡マラソン攻略講座」に第3回目から参加させていただいていました。独学でがむしゃらにやっていた頃に比べて、小島先生の指導は理論的かつ実践的で、自身の練習に役に立つものばかりでした。

岸田さん 中でも最も効果があったのは、フォームの改善でした。走るフォームというのは人それぞれ千差万別で、市民ランナーレベルでは、なかなか自分では矯正しにくいものです。

 小島先生は「背伸びランニング」なるものを提唱しており、平易な言葉で身体の重心を上に持ちあげスムーズに体重移動する方法を教えてくれました。これで、いわゆる「腰高フォーム」を手に入れた私は、楽にスピードを出して長い距離を走れるようになりました。

 このほかにも、ショート(ロング)インターバル、ペース走、クロスカントリーなど、これまでわかっていたつもりの練習も、プロのトレーナーによる説明を聞いたり実際の動きを見たりすることによって、毎回新しい発見がありました。

 効率的な動きが身についたところで、夏場から秋口までに月間320~360キロを走り込み、小島先生からマラソン直前の調整の仕方も学んで、福岡マラソン当日を迎えました。

 狙うのは、ズバリ2時間台です。これはサブスリー(3時間以内でゴールすること)と言って、全市民ランナーの憧れとなっています。マラソン全完走者の3%ほどしか存在しないとも言われています。

 心配された雨もスタート直前にピタリとやみ、気温、湿度ともに絶好のコンディションとなりました。天神のど真ん中を交通規制して走り抜ける興奮と、記念すべき第一回大会に参加できた幸運をかみしめながらスタートしました。

 レース中、驚いたのは途切れることのない沿道からの応援です。子供さんからお年寄りまで、その地域の方々が本当に大きな声を張り上げてくれます。海沿いにはさすがに人はいないであろうと思いきや、海に浮かぶヨットから応援の声が聞こえてきます。
 これらの声援は私を勇気づけ、走り続ける気力を与えてくれました。
 また、地元糸島に向かってゴールを目指すとあって、家族はもとより、友人、ご近所さんまで、たくさんの知人がコース上で私を見つけてくれて励ましてくれたのも、たいへん幸せなことだったなあと思います。

 今回のレースはとても調子がよく、最初から最後までほぼ一定のペースで走ることが出来ました。一番きつくなる35キロ地点、二見ヶ浦以降ではバンド演奏やよさこいなど、ここ一番でランナーたちを鼓舞してくれる催しが行われています。
 またこの付近の給水所でボランティアをしていた(最近会っていなかった)友人が、腹の底から自分の名前を呼んでくれ、はっとするとともに鳥肌が立つほど感動し、何が何でもこのペースを維持してゴールしてやる、という気になりました。

 最後の3キロほどは、予想通り苦しみながらゴール。
 タイムは2時間55分51秒、ついにやりました。この半年間、ほぼ毎日、雨の日も炎天下の日も練習してきましたが、ここまでやって来られたのは、いろんな方々の力に支えられてきたからです。ISC関係者、一緒に練習してきた仲間、福岡マラソン事務局ならびにボランティアの方々、激励してくれた友人、コーチ、そして家族に感謝したいと思います。

 スタートからフィニッシュまで、本当に楽しい42.195キロでした。最高の大会をありがとうございました。また来年も走りたいです!

参考(5キロ毎のラップとスプリット)
5km   20分57秒 (20分57秒)

10km   20分44秒 (41分44秒)
15km   20分30秒 (1時間02分12秒)
20km   20分49秒 (1時間23分02秒)
25km   20分28秒 (1時間43分30秒)
30km   20分43秒 (2時間04分14秒)
35km   20分52秒 (2時間25分07秒)
40km   21分28秒 (2時間46分35秒)
42.195km 09分17秒 (2時間55分51秒)  ネットタイム 2時間55分33秒

《戻る》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)